選ぶポイントを抑える

契約成立を握手で称え合う

昨今保険料が安く変わらず、持病があっても入れる医療保険が多く出てきました。この種の保険は実際に経済的な蓄えがあり、持病の関係から選択する医療保険としては充分で優秀な保険と言えます。 何故なら実際の治療は貯蓄などでほぼ賄え、不安な部分を格安の医療保険の保障でカバーできるからです。この事からもわかるように、この種の医療保険は主にシニア層に向けて作られています。 本当に必要な保障というのは、年齢やタイミングによりかなりの違いがあり一般的に若い頃には多く手厚く、年を重ねるごとに薄目にしていく形が推奨されています。若い頃のほうが経済的には厳しく保険料を出来るだけ抑えたくなりますが、いざという時に備えるには若い頃こそ多少高額でもしっかりとした保障内容の医療保険が必要なのです。 これを踏まえて医療保険の選び方を考えてみましょう。

選び方のポイントは高額医療費です。この言葉を耳にした事がありますか。ある一定の金額を超える治療を受けた場合、定められた金額を超えた分が払い戻しされる制度です。 月収830,000円以上の方は140,100円以上、530,000円から790,000円の方は93,000円、280,000円から500,000円の方は44,400円、低所得の方は24,600円を超えた分が払い戻しされるといった具合です。 例えば月収350,000円の方ですと実際の負担は44,400円という事になります。この金額が選び方の軸になります。負担額を貯蓄で賄えるのなら保険は最小限で良いわけですし、そうでない場合は支払える保険料と保障のバランスを見ながら、負担額を保険によりどれだけ減らせるかを考えるのです。 このように保険の選び方は、本当に必要な保障を考え決める事が重要なのです。