金融のプロ

資料の上の社員たち

最近、新聞や雑誌、テレビなど、多くのメディアに、ファイナンシャルプランナーという肩書をもつ金融関連の専門家が登場することがあります。このファイナンシャルプランナーとは、金融や保険、税金や年金など、お金に関わる幅広い分野に精通する専門家です。ちなみに、このファイナンシャルプランナーは、れっきとした国家資格であり、国家資格としての正式名称は、ファイナンシャルプランニング技能士と言います。ただ、この資格自体は、以前から存在しており、2002年に国家資格に昇格しました。主な仕事として、資産運用に関わる様々な相談に応じる業務などが挙げられます。すぐに思い浮かぶのは、保険の見直しなど、保険に関する相談でしょう。

ただ、実際には、生命保険会社や損害保険会社の社員ばかりでなく、銀行および信託銀行、証券会社の社員のほとんどが取得していると言っても、過言ではありません。例えば、投資信託の購入を思い立ち、銀行や証券会社に、相談に出向いたら、担当してくれた社員の名刺に、ファイナンシャルプランナーと記載されていた、などという経験のある人もいるでしょう。 一方、このような、企業に所属していないファイナンシャルプランナーも存在します。こうした、いわゆる独立系のファイナンシャルプランナーも、資産運用の相談などに乗ってくれます。このほか、執筆業務やセミナーの講師なども行っているようです。お金に関する相談を誰かにしてほしい場合、こうした独立系のファイナンシャルプランナーに相談する方法もあるでしょう。