知識を身につけよう

受付がポイントを示す

ファイナンシャルプランナーとは、国家試験や民間試験を経て、金融の知識を身に付けているとお墨付きをもらっている人たちです。 これが浸透してきて、金融について相談するのに、ファイナンシャルプランナーを活用する方が増えています。しかし、金融といっても分野が色々とあります。 では、具体的にファイナンシャルプランナーへ相談出来る分野にはどのようなものがあるのでしょうか。 試験科目から見てみると、分野が6つある事が分かります。 1つにはライフプランニングや資金計画があり、2つ目に保険関係のリスクマネジメントがあります。 3つ目が預貯金や株・投資信託といった資産運用について、4つ目が所得税等の税金関連です。5つ目に不動産関連があり、6つ目の分野が相続や事業継承等の分野となります。 こうして見ると、確かにファイナンシャルプランナーが金融全般の分野について知識を有していることが分かります。

ファイナンシャルプランナーへの相談の時にも、先ほどご紹介した6つの分野を活用出来ます。 1つ目の活用法は、相談内容をまとめる時です。何を相談したいのか、自分の考えをまとめる時に、6分野の中から中心となるものを決めましょう。 もちろん1つだけと分野を決める必要はありません。分野がまたがっても構いませんが、相談内容をまとめるのに役立ちます。 そして、2つ目の活用法は、誰に相談するかを決める時です。 ファイナンシャルプランナーには、保険会社出身の人や、不動産分野の人、資産運用関係の業種だった人等、これまでに歩んできた畑があります。 これによって、全般的な金融知識を有しているとは言っても、その人の得意分野というものがあります。 どの分野の相談をするか決めたら、それを得意分野としているファイナンシャルプランナーを探して相談してみましょう。

金融のプロ

資料の上の社員たち

金融に関して幅広い知識を持っているファイナンシャルプランナーは、とても頼りになる人たちです。ですから、保険についてのことだけではなく、お金についてのことを話すことが出来ます。また、たまにセミナーを行なっていることもあります。

無料の相談

受付が案内をする

保険の見直しをする時になったら、無料相談にいるファイナンシャルプランナーにきちんと話をしましょう。保険は今の自分の経済状況に合っているものを選ぶことが大切なのです。相談をする場合は、将来のことを考えましょう。

選ぶポイントを抑える

契約成立を握手で称え合う

医療保険を選ぶときは、選ぶポイントを抑えておくことです。保険の選び方にはそれぞれポイントがあります。特に医療保険は医療費が高額なもの選びましょう。医療費が高額だと自分が負担する保険料を減らすことが出来ます。

オススメリンク